姫路の歴史と文化が感じられる街

姫路市は、歴史と文化が感じられる街です。

 

姫路で出会いが見つかった人で、もし落ち着いたデートを楽しみたい人は、そういった場所へ行ってみると良いでしょう。

 

姫路といえば姫路城

姫路市といえば、何をおいても姫路城ではないでしょうか。

 

姫路城は白鷺城として親しまれており、白漆喰総漆籠造りの白い城壁、5層7階建ての大天守、東、西、乾の小天守が渡櫓で繋がった連立式天守が特徴となっています。

 

現在の大天守は400年以上も前に建築されたもので、平成27年に保存修理が終わりひときわ白い姿が浮き立っています

 

姫路の歴史・文化、グルメを楽しめる場所

姫路市には、姫路城のほか歴史を感じさせる場所、美術館などの文化施設、安心してグルメを堪能できる場所があります。

 

姫路城西御屋敷跡庭園 好古園は、姫路城を望む日本庭園でかつての武家屋敷跡、通路跡などの地割をそのまま生かした9つの庭園があり、江戸情緒を醸し出しています。

 

抹茶、食事を楽しむこともできます。

 

書写山円教寺

標高371mの書写山に書写山円教寺があります。

 

天台宗の古寺で西の比叡山とも称されています

 

文化財が多くあり、魔尼殿、食堂、大講堂は見どころの一つです。

 

 

播磨国総社

姫路城近くの播磨国総社は、1400年余りの歴史のある神社で播磨の国の主な神様を祀っています

 

釣鐘は室町時代に、南参道の石鳥居は江戸時代前期に寄進されたものです。

 

姫路市立美術館

姫路市立美術館は姫路城そばあり、戦前は陸軍の施設、戦後は姫路市役所として使われていたものです。

 

常設、企画、コレクションギャラリーの3種の展示と無料のアートライブラリーなどがあり、庭園は13体の彫刻と共に憩いの場となっています

 

なお、平成30年2月まで館内は改修のため休館予定です。

 

三木美術館

三木美術館も姫路城そばにあり、美樹工業創業者のコレクション陶磁器約800点、絵画約200点を中心に展示されています

 

5階からは姫路城が堪能でき、希望により屋上へも案内してもらえます。

 

兵庫県立歴史博物館は姫路市立美術館のそばにあり、建物は姫路城をモチーフとした設計となっています。

 

ここでは十二単衣、鎧兜の着付け体験や大型スクリーンで姫路城とその城下町の様子を見ることができます。

 

姫路市書写の里・美術工芸館

姫路市書写の里・美術工芸館は、円教寺近くにあって元東大寺別当・故清水公照の作品とコレクション、姫路の伝統工芸、昔懐かしい郷土玩具などが展示され、伝統工芸の製作実演が行われています。

 

また、伝統工芸品である姫路はりこ、姫路こまの色付けなどの製作体験もできます

 

姫路の飲食店の認証制度

姫路市には飲食店には認証制度があり、食の安全、安心、健康増進、地産地消を高い水準で満たしている飲食店を姫路市が認証しています

 

認証店にはフラッグ、プレートが掲げられていますので安心して入店することができます。

 

認証店の中で、酒蔵の膳処 西蔵は食事と見学ができる酒蔵です。

 

時代カフェは和がテーマのカフェで忍者や町娘に扮したスタッフが迎えてくれます。

 

関連ページ

姫路ってどんな街?
姫路市は兵庫県の南西部に位置している、人口約53万人の都市です。姫路の情報を押さえておけば、出会いやデートの時にも役に立つかもしれません。ここでは、姫路の特徴についてお伝えしていきます。
姫路城だけじゃない姫路市の魅力
姫路市というと皆さんは何を想像するでしょうか。多くの方が大河ドラマ官兵衛であったり、姫路城を想像されるのではないかと思います。ですが、姫路城だけが、姫路市ではありません。