姫路城だけじゃない姫路市の魅力

姫路市というと皆さんは何を想像するでしょうか。

 

多くの方が大河ドラマ官兵衛であったり、姫路城を想像されるのではないかと思います。

 

国宝、世界遺産である姫路城は確かに姫路市のシンボルです。

 

ですが、姫路城だけが、姫路市ではありません。

 

姫路の街の特徴

姫路市は実は東西南北にとても広いまちです。

 

姫路城があるのは姫路市の南側のごく一部です。

 

北側に行くと豊かな森をたたえた山々とのどかな田園風景が広がっています。

 

南側は昔からの漁師町や大規模な工場が立地しており、まさに働く男のまちです。

 

かたや、姫路城の周辺でも特に東側、北側は美術館や博物館、学校が多く立地する緑豊かな文教地区で落ち着いた雰囲気のまちです。

 

姫路は家島諸島と書写山がオススメ

姫路市のおすすめポイントとして、特におすすめしたいのは家島諸島と書写山です。

 

家島諸島は姫路市内の最南端にある瀬戸内海の島々です。

 

おすすめポイントは、

 

(1)中心市街地からのアクセスのしやすさ、
(2)眼前に広がる瀬戸内の絶景です。

 

家島諸島

家島諸島は瀬戸内海に浮かぶ小さな島々です。

 

こう聞くと、行くのがとても大変なように聞こえますが、実は姫路駅等がある中心市街地からのアクセスが抜群に良いです

 

中心市街地にある姫路駅からは家島諸島に向かう連絡船乗り場行きのバスがだいたい20分間隔で運行されています。

 

30分ほどバスに揺られると連絡船乗り場につきます。

 

連絡船に乗り換えて30分で家島に到着です。

 

だいたい1時間くらい、姫路市から神戸方面に遊びに行くのにかかる時間とだいたい同じです。

 

その距離で瀬戸内海に浮かぶ孤島にたどり着くのです。

 

小さな島なので、レンタサイクルを借りれば、散策も大変楽です。

 

瀬戸内海の島ということもあり、美味しくて、新鮮な魚がたくさんあります

 

海で遊んで、美味しい魚を食べて、海に落ちる夕焼けをみてと一日中楽しむことができますので、デートスポットとしてもオススメです。

 

書写山

書写山は姫路市の中心市街地のやや北側に位置しています。

 

ここには圓教寺という西国三十三所の第27番目の寺院があります。

 

山の上には凜と張り詰めた空気の中に重厚感のある寺院建築が立ち並びます。

 

書写山は映画ラストサムライの撮影にも使われたので、映画が好きな方はシーンを思い浮かべながら、回ると楽しいと思います。

 

書写山は紅葉の時期が特におすすめです。

 

まだまだ、美味しいもの等、姫路市のおすすめはありますが、いったん、ここまでとさせて頂きます。

 

姫路市は良いところですので、ぜひお越しを!

関連ページ

姫路ってどんな街?
姫路市は兵庫県の南西部に位置している、人口約53万人の都市です。姫路の情報を押さえておけば、出会いやデートの時にも役に立つかもしれません。ここでは、姫路の特徴についてお伝えしていきます。